2006年5月11日 (木)

割り箸問題:中国が生産制限

 割り箸の使用の是非について、かつて「割り箸論争」として世間を賑わせた記憶があろうかと思う。割り箸反対派は使い捨ての象徴である割り箸を森林破壊を引き起こすとして「マイ箸」を持ち歩き、賛成派は割り箸は間伐材なので問題ない、と主張していた。

 で、現状はというと、最近はほとんどが間伐材の利用ではなく、中国産の皆伐材を原料としているようだ。その中国が森林保護を理由に生産を制限することになったようだ。

割りばし 輸入先・中国が生産制限 弁当業界などに影響

 使い捨ての代表格として、国内で年間約250億膳(ぜん)が消費される割りばし。その9割を占める輸入先・中国が生産制限を決め、弁当や外食など関連業界に影響が出始めている。安さに飛びつき、国内生産地を切り捨ててきたツケとも言え、業界・消費者双方に農林業生産空洞化の問題を示す一例だ。【小島正美】
 “中国ショック”は2段階で到来した。最初は昨年11月、中国の輸出団体が「原木の高騰」などを理由に、日本割箸(わりばし)輸入協会(大阪市)に50%もの値上げを通告してきた。それでも中国産は1膳約1~2円。国産は同2~20円程度なので、まだ価格面の優位性は動かなかった。
 ところが今年3月、今度は中国政府が「森林保護」を理由に生産を制限し、将来的には輸出も禁止すると決めた。建築には使いづらいシラカバや他の間伐材を主原料にしているが、森林乱伐による洪水や砂漠化などが問題化する中、矛先の一つになった形だ。
 では、日本国内の状況はどうか--。実は20年前まで、割りばし生産量の約半数は国産だった。ところが90年代以降の低価格競争の波の中、安い中国産が急激に増え、気が付けば9割を超えるまでになっていた。
 国内の2大産地は北海道と奈良。高級品主体の奈良は今も命脈を保っているが、中国産と競合した北海道は壊滅状況だ。85年当時、北海道には生産会社が約70社あり、約1900人の従業員がいたが、04年現在で8社約40人にまで激減した。山口晴久・同協会広報室長は「このままだと、いつ割りばしがなくなってもおかしくない状況になってきた」と危機感を抱くが、一度減った生産量は簡単には戻らない。
 外食や安売り店には、既に影響が出ている。
 100円ショップなどに割りばしを卸すアサカ物産(東京都三鷹市)は、1袋80膳入りを50膳入りに変えてコストアップに対応し始めた。
 全国で約760店の居酒屋などを展開するマルシェ(大阪市)は年間約1500万膳を使ってきたが、2月からフランチャイズを含めた全店でプラスチック箸に切り替えた。さらに、直営の約250店では「MY箸」ポイントカードを作り、はしを持参した客には1回50円のポイントを付け、10ポイントで500円分の飲食をサービスするほか、50円を自然保護団体に寄付する活動を始めた。直営の居酒屋「酔虎伝・新宿三丁目店」(東京都新宿区)の石本千貴店長は「割りばし廃止への苦情はありません」と安堵(あんど)する。
 一方、コンビニ業界は「物流コストの削減などで吸収する」(セブン&アイ・ホールディングス)「しばらくは現状のまま」(ローソン)と、推移を見守っている状況。
 輸出禁止は本当にあるのか、あるとすればいつか。今後は中国政府の動きにかかっているが、山口室長は「弁当や外食なども、いずれ消費者がお金を払って割りばしを買う時代がくるのでは」と予測している。

(毎日新聞) - 5月9日17時12分更新

 冒頭でも見たように、割りばし=使い捨て=環境破壊という見方は少々単純すぎるだろう。かといってなんの問題もない、というのも極端すぎる。状況はそれほど簡単ではないのだ。

 まずは、原料となる木材の出自によって大きく異なる。国産の間伐材なら、原料を伐採することによって環境負荷が生じることはあまりないと言える。一方、中国産の皆伐材なら、環境負荷の程度は大きい。じゃあ国産ならいいのかというと、単純にそうとは言えないのが難しいところ。確かに原料となる木材は環境負荷にはつながらないが、割りばしの製造・包装・輸送の段階でエネルギーや資源を消費する。じゃあ割りばしを使うこと自体が悪いかというと、必ずしもそうとは言えない。割りばしを使わなければ、プラスチックやその他の再利用する箸を使うことになる。それを製造したり、洗浄したり廃棄するのにエネルギーや資源を消費する。

 じゃあどうすればいいのだろう。こういった問題を解決するのに有効な手段としてはLCAが挙げられる。LCAは製造段階から廃棄までその製品のライフサイクル全体を通した環境負荷を見積もる方法だ。この手法を用いて中国産割りばし、国産割りばし、再利用箸の環境負荷を見積もればどれを使えばいいのかがわかるというわけだ。ただ、この見積もりはけっこう手間がかかるので、なんでもかんでも簡単に答えが出るわけではない。割りばしの環境負荷のLCA的な見積もりもどうやらなさそうだ。このような場合は、何が間違っているのか、そして実際に問題が出ているかどうかを基準に考えるのが良いように思う。

 今回の場合、中国で皆伐を受けた森林は再植林はなされていないようだ。これは持続可能な開発とは言い難い。そのような行為について何も問題がないとは到底言えないだろう。実際、森林乱伐による洪水や砂漠化などの問題が顕在化してきている。このような現状では、このような制限のない伐採にストップをかけるという判断は(少なくとも国益という観点を超えて一人の地球人として見た場合)妥当だろうと思う。これで他の場所にしわ寄せが出る可能性はあるけれど、その時はその時だ。環境問題に正解はないのだから、現状で考えられるもっともマシな選択をするよりしかたがない。

余談だが、割りばしをめぐる環境問題についてはこちらがよくまとまっている。

Banner_04_2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月19日 (水)

家畜ふん尿を適切に処理するには

エチゼンクラゲと中国産野菜の意外な関係」で中国における富栄養化の問題について述べたが、日本だって他人事ではない。

富栄養化の原因としては生活排水や産業排水、農業廃水などが挙げられるが、その中には家畜ふん尿によるものも少なくない。

その問題の解決に一役買うであろうソフトが開発されたとのこと。

ふん尿:牧草地に撒く適正量ソフト開発 酪農学園大など

毎日新聞 2006年4月18日 13時31分
 河川や湖沼の富栄養化をもたらす牛のふん尿対策について、酪農学園大(北海道江別市)や道などは牧場内に撒(ま)くふん尿の適正量を割り出せるソフトウェア「ふん尿利用計画支援ソフト」を開発した。ふん尿は牧草の肥料として利用されているが、散布過多になるケースも多く、環境保全に役立ちそうだ。

 ソフトは(1)牧場の面積(2)土壌区分(3)土壌診断値(4)牛の頭数(5)ふん尿の分析値--などを入力すると、その牧場に合った適正量が示され、まき過ぎを防止できる。また、土壌に不足している栄養素の補てん量、環境に影響を与える可能性のある硝酸やアンモニアなどの環境負荷推定値なども表示される仕組みだ。

 北海道の根室・釧路地域では、乳牛を何百頭も飼育する大規模経営の酪農家が増えており、窒素やアンモニアを大量に含んだふん尿が雪解け時期に河川に流入するケースもみられる。国は04年11月に家畜排泄物管理適正化法を施行し、ふん尿をためる施設の整備を義務付けた。しかし、ふん尿をいつ、どこの牧草地にどれくらい散布するかは、施肥標準や土壌診断など複雑な計算が必要なため、多くの酪農家は自らの経験に頼っているのが実情という。

 ソフト開発に伴い、中標津町の根釧農業試験場などで17日、公開デモンストレーションがあり、酪農家ら約60人が参加した。同農試の三枝俊哉・草地環境科長は「目で分かるソフトだ。まずは酪農家に興味をもってもらうことが重要」と話した。

 ソフトは無料。同大ホームページから申し込むことができる。

【本間浩昭】

記事横の写真を見たら知り合いが写っていてびっくり。

まあそれはそれとして、解説に移ろう。

家畜ふん尿は確かに栄養塩(窒素やリンなど)を含んでいて汚染源となりうるものだが、本来は決して忌み嫌うべきものではない。家畜ふん尿の栄養塩はもともとは餌となる牧草や飼料由来のものなので、ふん尿を牧草地や畑に帰してあげることによって過不足なく、うまい具合に物質が循環することになる。

ところが、1960年代になって、飼料の需給構造が変化した辺りから状況は変化していく。このころから、飼料の輸入が急増し、物質の循環構造のバランスが狂い始めた(リンク先の[統計で見る畜産のすがた]→[輸入]→[飼料の輸入]を参照)。それまで牧草地や畑地から収奪した栄養塩の量と家畜ふん尿として排出された栄養塩の量はほぼ一致していたのに、飼料が輸入されるようになってからは家畜ふん尿として排出された栄養塩の量が相対的に多くなってきたのだ。これを考慮せずに家畜ふん尿を全て牧草地や畑地に還元すると、余分な栄養塩が吸収されずに残ることになる。残った栄養塩は雨水等によって河川や湖沼を汚染する、という構造になっている。
そうならないようにするためには、余分なふん尿を撒かなければよいことになる。その量を計算してくれるのが今回紹介したソフトというわけだ。

このソフトのメリットとして、酪農家の経験に頼らずに適正な散布量を算出できるという点を挙げているが、おそらくこれには裏がある。
実は、酪農家の経験による適正な散布量と行政側が算出する適正な散布量は意味合いが異なる。
酪農家にとっての適正な散布量とは、通常は最も牧草の生育が良くなるような量であるのに対して、行政側にとっての適正な散布量とは、環境負荷と牧草の生育のバランスがとれた量となる。
一般的に、家畜ふん尿の散布量と環境負荷には正の相関がある。また、家畜ふん尿の散布量と牧草の生育の良さの関係は、山型のカーブを描く。つまり、撒けば撒くほど生育が良くなるが、撒きすぎるとかえって生育が悪くなる。
酪農家にとっては、環境負荷を少なくしても大してメリットはないので、牧草の生育が最良となるような(できるだけ多い)散布量を選択する傾向にある。一方、行政側にとっては、環境負荷はかなり問題なので、散布量をできるだけ抑えようとする傾向にある。もちろん、牧草の生育があまりにも悪いのは行政にとってもデメリットが大きいので、その辺りのバランスを考えた上で計算を行うわけだが。
このようなギャップがあるので、散布量についてできるだけ行政側の意図した数値に持って行きたいという考えがあるのではないだろうか。

それはさておき、このソフトが利用され、家畜ふん尿が適切に散布されたとして、注意しなければいけない点がある。
それは、結局散布されないままに終わった家畜ふん尿をどう処理するのか、という点だ。野積みにしてたのでは全く意味がないので、し尿処理や堆肥化等によって環境中へ流出しないような処理を行わなければならない。北海道東部の根室・釧路地域は大規模な酪農が多くて比較的そのような処理が進んでいる地域ではあるが、適切な処理が行われるよう注意しなければならない。

Banner_04_2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月 6日 (月)

池田清彦「環境問題のウソ」を読む(2)

なんでもかんでも「お上の陰謀」

この本を通して書かれているのは「環境問題はでっち上げが多く含まれていて、それには役人や役人とつるんで儲けている人たちの思惑が見え隠れしている」というものだ。

一言で言うなら、お上の陰謀、というわけだ。

実例を挙げよう。

第一章 p.50

温暖化抑制というほとんど実効性のない政策のために、日本だけで毎年一兆円も二兆円もドブに捨てられたのでは国民はかなわない。それで食ってる一部省庁の役人や環境関連の企業はうれしいかもしれないけどね。

第二章 p.84

ダイオキシン法が施行されて得をするのはまずハイテクの焼却炉を作るメーカーであり、ダイオキシンを分析する業者であり、監督官庁の役人だろう。だからこういった人たちがグルになって、ダイオキシン法を作りたいと思ったとしても不思議はない。

第三章 p.121

ブラックバスが食用魚として市場性があることになれば、わざわざ税金を使って駆除しなくとも、、タダで捕ってくれる人が現れることになる。ブラックバス駆除派の人々にとってもそれはとってもいいことだと僕は思うんだけど、実はとっても悪いことらしい。なぜって、ブラックバスを駆除して税金を使おうという利権が消えちまうものね。

第四章 p.135

環境省は環境を守るふりをする役所であって、環境を守る役所でないってことはよく覚えておこうね。

確かに著者の指摘するとおり、こういった環境問題には官庁の利権が絡むというのはおそらく一面の真実ではあるだろう。しかし、官庁がそういった利益確保を主目的として動いている、というのは根拠のない陰謀論に近い。

どうして著者は、環境問題を必要以上に問題だと主張する人たちは利権が絡むからそう騒ぎ立てているだけなのだ、という推測だけして、環境問題を必要以上に問題ないと主張する人たちは利権が絡むからそう騒ぎ立てているだけなのだ、という主張をしないのだろう?もし環境問題を利権が絡んでいるだけだとするならば、大変じゃない大変じゃないと騒ぎ立てている人たちの中には、将来を心配しているまじめな人たちもいるんだろうけれど、根が不真面目で疑り深い僕は、環境問題って実はやっかいな問題で、これで損をする人たちが大変じゃない大変じゃないと騒いでいるんじゃないかと勘ぐっているわけです、などと言ってみたりもできてしまう。

私が思うに、環境問題を論じる人は、楽観論者にしろ悲観論者にしろ行動規範は次の3タイプに分けることが出来ると思う。

1.事実を元に、社会のための主張を行うタイプ。新しい事実が判明する度に結論を修正する。

2.事実関係を重視せず、自己の利益のための主張を行うタイプ。始めに結論があり、それを変更することはない。またそのためには事実をねじ曲げることも厭わない。

3.タイプ1あるいはタイプ2の人に振り回されるタイプ

著者は少しタイプ2の人間を強調しすぎているのではないだろうか。実際は楽観論者にしろ悲観論者にしろタイプ2の人間はそれほど多くはないと感じている。

ちなみに著者自身は、少なくとも専門外の地球温暖化、ダイオキシン問題についてはタイプ3に近いだろう。後半の生態系の問題辺りだと、タイプ1と2が半々程度か。ネタ本の著者である渡辺正や伊藤公紀なんかはタイプ1に近い。私自身はタイプ1でありたいと思っている。

つづく

Banner_04_2

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年2月27日 (月)

池田清彦「環境問題のウソ」を読む(1)

今回は本のレビュー。読んだ本はこちら。

環境問題のウソ

ちくまプリマー新書 池田 清彦 (著)

読後の印象を一言で表すと「ネタ本の劣化コピー」だった。

著者自身があとがきで書いているように、この本の前半は著者の専門分野ではなく、そのネタの多くはネタ本からのコピーだ。それだけならいいのだが、所々に著者自身の問題のあるオリジナルな主張を織り交ぜてくる。例えば、「820年分のダイオキシンを摂取しなければ、半致死量には届かないということだ。普通の生活をしている限り、ダイオキシンで死ぬことはあり得ない。」など。もちろんこれは明らかに間違っている。
大した問題ではないのに「問題だ問題だ」と騒ぎ立てるのは問題だが、逆もまた然り。多少なりとも問題があるのに「なんの問題もない」と騒ぎ立てるのもやはり問題なのだ。
この本の内容全てが間違っているわけではないが、懐疑論に興味がある方はむしろネタ本の方を読むことをお勧めする。

つづく

Banner_04_2

| | コメント (8) | トラックバック (0)