« 「温暖化懐疑論者」による当ブログの評価 | トップページ | 夏休み八ヶ岳山麓紀行(2,3日目) »

2006年8月21日 (月)

夏休み八ヶ岳山麓紀行(1日目)

先週は夏休みをとって友人たちと八ヶ岳周辺へ。妻と子どもはお留守番。

昼前に集合して茅野駅前で蕎麦を食べる。混んでいてなかなか出てこなかったが美味であった。

ペンションに移動した後、八ヶ岳自然文化園へ。高原だけあって晴れているのにそこそこ涼しい。まずはプラネタリウムを観ることに。疲れていたのか、爆睡してしまった。

次はグレステンスキーに挑戦。要は前後に車輪のついたスキーだ。これまでのグラススキーなんかは横滑りがなくて感覚が通常のスキーと違っていたらしいが、このスキーはプルーク(ハの字)も一応出来て、割と通常のスキーに近い感じ。ただ、スピード耐性はあまりなくて、スピードを出した状態でハの字にしたら引っかかりを失って転倒、アゴに擦り傷を負ってしまった。友人たちも経験者揃いだけあって、なかなか上手に滑っていた。

1時間ちょっとしたところで疲れてきたので、宿へ。バーベキューの食事を取った後、温泉「もみの湯」へ。泉質はなかなか良いし、料金も安い(17時以降は300円)なので、かなりトクした気分だ。

ペンションに戻ったら、食堂では懐メロが歌われている。どうやらこのペンションのマスターがそれ系の人らしい。奥さんもピアノを弾いていた。お客さんも年配の方が多く、みんなで歌っていた。雰囲気は、どうもカラオケ大会と言うよりは歌声喫茶といった雰囲気だ。若輩者の我々はそれをBGMにしながら、別室で恒例のカタン大会へ。友人同士が集まるとたいていこれをやる。3戦して1勝も出来ず。残念。

|

« 「温暖化懐疑論者」による当ブログの評価 | トップページ | 夏休み八ヶ岳山麓紀行(2,3日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46691/3159116

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み八ヶ岳山麓紀行(1日目):

« 「温暖化懐疑論者」による当ブログの評価 | トップページ | 夏休み八ヶ岳山麓紀行(2,3日目) »