« 槌田敦「CO2温暖化説は間違っている」を読む(4) | トップページ | 「鏡の法則」涙するのは何%? »

2006年7月 5日 (水)

ピアレビューをどの程度信用すべきか

今週の中西準子の雑感を読んで少々驚いた。ピアレビュー制度に一定の評価を与えていたからだ。以前の雑感「原子力発電と温暖化」を読んだ限りでは中西氏はピアレビュー制度に否定的であると思っていたからだ。

以前の雑感では「CO2温暖化説は間違っている」(槌田敦著)をレビューしてこのように書いていた。

最後に、学会誌の問題点に触れている。CO2温暖化説に批判的な論文は定評ある学術誌には掲載されないとして、日本物理学会誌について言及している。

この中の「CO2温暖化説に批判的な論文は定評ある学術誌には掲載されない」ってのは実際は「槌田論文はピアレビューの結果掲載されなかった」ってことだ。そのあたりの事情は槌田本人が文中で説明しており、中西氏もそれを読んでいるはずだ。そして続けてこう書く。

その意味で、学会やあらゆる紙面、テレビ等は両方の意見に対して開くべき時と思っている。特に学会には注意してほしいと思う。多数決で統一見解を出すことが必要な時もあるだろうが、多数派の意見が間違いかもしれぬという思いを常に残した、運営、議論の場の設定がどうしても必要だと思う。

これを読んで私は「ピアレビュー制度には問題があるので、ピアレビューなどせずに公表しろ」と言っているのだと解釈していた。ところが今回の雑感では

例えば、英国のRoyal Societyはそのような広報活動に力を入れていて、ナノ技術が危険という見解をチャールズ皇太子が発表した翌日には、それに対する批判を発表したと聞いている。

Royal Societyのそのような活動はとても良い。しかし、それは学会における多数派意見の発表にすぎない。似非科学に対する問題や、これまでの科学で判断できる問題ならば、多数派の意見が正しい確率は高いと思うが、新しい問題について、多数派の意見が正しい確率はそう高くはないように思う。

と、現行のピアレビュー制度について一定の効果があることを認めている。

つまり中西氏が言っているのはこういうことだったようだ。「ピアレビューによる評価は似非科学に対しては有効だが、そうでない場合もある。槌田説に関してのピアレビューには問題があったのでピアレビューの結果を信用せずに公表しろ」

まあ確かに中西氏の言うように現行のピアレビュー制度は完璧じゃない。槌田説に関してだってその判断が完璧であるという保証はない。それを改善しようという気持ちもわかる。

でもね、その分野のしろうとであるにもかかわらず、自分の判断でピアレビューを信用したりしなかったりっていう態度はありなの?

自分が熟知している分野というのならば、ピアレビューに左右されずに自分で判断するってのはべつに問題にはならないだろう。でも、中西氏が判断したのは、それについてしろうとだと自認する分野の話だ。どうしてしろうとがピアレビューの結果が信用できるかどうか判断できるの?自分ではで正しいかどうか判断できないからこそピアレビュー制度があるんじゃないの?

もし私が中西氏だったらこう判断するだろう。

「確かに槌田説には説得力があるように思える。しかし専門家のピアレビューによると学会誌で公表するに値しない説のようだ。私には納得しがたいが、私は温暖化のメカニズムについて勉強したことがないしろうとである。ピアレビューが間違っている可能性はそれなりに留保しつつ、とりあえずは専門家の言うことを信用しよう」

結局、私と中西氏の違いは自分が熟知していない領域における専門家への信用度にあるようだ。少なくとも私には

素人の自分の判断 > 専門家の判断

という傲慢な振る舞いをすることはできない。

Banner_04_2

|

« 槌田敦「CO2温暖化説は間違っている」を読む(4) | トップページ | 「鏡の法則」涙するのは何%? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46691/2499303

この記事へのトラックバック一覧です: ピアレビューをどの程度信用すべきか:

» レビューの公開 [五月兎の赤目雑感]
「環境を読み解くhechikoのブログ」 で hechiko氏は、中西準子氏が 雑感349 http://homepage3.nifty.com/junko-nakanishi/zak346_350.html#349-A で 槌田敦氏の温暖化否定論に好意的な態度を示したことを批判してきたが、さらに 雑感352 http://homepage3.nifty.com/junko-nakanishi/zak351_355.html#zakkan352 について、中西の「レビュー」に対する態度に疑問を呈... [続きを読む]

受信: 2006年7月 8日 (土) 11時08分

« 槌田敦「CO2温暖化説は間違っている」を読む(4) | トップページ | 「鏡の法則」涙するのは何%? »