« 割り箸問題:中国が生産制限 | トップページ | 北極圏の観測態勢 »

2006年5月26日 (金)

透明マントを作る方法

なんだかだいぶ久しぶりの投稿となってしまった。

今日のネタはこれ。

「透明マント作れます」英の学者ら開発理論

 英米の科学者らが26日、米科学誌サイエンス電子版に、「物体を見えなくする素材の開発は可能」とする論文を発表した。

Click here to find out more!

 この理論を基に開発が進めば、小説「ハリー・ポッター」に登場する透明マントの作製も夢ではなくなりそうだ。

 光は普通、物体に当たって反射したり散乱したりするため、人間は物体を見ることができる。

 英セントアンドリュース大のレオンハルト教授らによると、光の進む方向を制御できる特殊な微細構造を持つ複合素材を開発できれば、川の水が丸い石に妨げられず滑らかに流れていくように、光が物体を迂回(うかい)して進む。

 この場合、人間の目には、そこには何もないように見え、影もできない。

 教授らは、手始めに特定の波長に対する“不可視性”を持つ素材の開発に挑むという。透明マントが実現すれば、軍事技術として利用できるため、研究は米国防総省が支援している。

(2006年5月26日14時49分  読売新聞)
透明になる方法ってのはSFでよく使われる。攻殻機動隊やらプレデターやらハリーポッターやら。ハリーポッターはSFじゃないか。中でも私が真っ先にイメージしたのはステルス迷彩
軍隊で使用するというのはいかにもありそうだ。実際、軍も支援しているようだし。また、全く見えなくなるのではなく、少しだけ歪んで見えるあたりもなんだかそれっぽい感じでよかった。
理論はさっぱりわからないが、これって本当に実現するの?

Banner_04_2

|

« 割り箸問題:中国が生産制限 | トップページ | 北極圏の観測態勢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46691/1946117

この記事へのトラックバック一覧です: 透明マントを作る方法:

« 割り箸問題:中国が生産制限 | トップページ | 北極圏の観測態勢 »